「ベイミー」ママとあかちゃんの気になるアレコレ。出産・育児にまつわるおすすめ商品などを紹介しているブログメディア。

Bamy-ベイミー-

妊娠・出産

妊娠中の方も必見!便秘と上手につき合う方法

更新日:

妊娠中、授乳中に便秘で苦しんでる方
痔持ちで排便が辛いという方
病院から酸化マグネシウムを処方されたけど、効果がないという方
飲んでみたけど緩くなりすぎてしまう方

必見です!!!!!

筆者は長年便秘に苦しんできました。

妊娠してさらに悪化。。。

 

硬い便をいきんで出すことで、出産前にすでに痔持ちに…

 

市販の下剤はお腹に影響がありそうで怖い。

でも自力で便秘を治すには限界が…

 

そこで、、、妊婦健診の際に思い切って医師に相談してみました。

このとき初めて処方されたのが

 

「酸化(さんか)マグネシウム」

…便を柔らかくするお薬

 

妊娠中、授乳中でも服用して問題ないとされている安全な物で、

お腹が痛くならない便秘薬と言われています。

 

筆者が妊娠前に便秘のために飲んでいたデトックスティーはとても効果が強く、飲んだ数時間後には必ず便意とともに強い腹痛が訪れました。汚い話、飲んだ後はほぼ下痢でした。下痢は痔にもよくないです。

そして、出し切った後は爽快なのですが、お腹が急に空っぽになるとなぜかガスが溜まってしまうという嫌な体質で、そのお腹の張りにも悩まされました。

デトックスティーを飲んで排便してから数日間は排便がなく、気づいた頃には便秘状態に陥っていて、またデトックスティーを飲んで排便するという悪循環を続けてきました。

酸化マグネシウムはというと…このいわゆるお腹を下した痛みがない。

全くないわけではなく、その日の体調によっては時折腹痛になる時があります。これは酸化マグネシウムの副作用であるのかは定かではありません。薬を飲んでいなくても冷えたりすると痛くなったりもするので。

基本痛みはない薬であることは間違いないと思います。

上手に服用していると、毎日…もしくは一日おきに必ず適量の排便があります。

 

一機にドカン!ではない。

これがいいところ。

 

便秘に苦しんでいるプレママさん、ママさん

こんな薬があるということを頭の片隅に…

 

妊婦健診で便秘のことまでケアまではしてくれない。

だから…自分から相談する必要がある。

 

妊娠中は飲んではいけない薬ばかり。強くイキムことはよくないし、お腹が大きくなって苦しい上、便まで溜まるとたまったもんじゃないっっっ

産後は会陰切開のキズの痛みで便をスムーズに出せないことも。

硬い便だとなおさらつらいんです。。

母乳が出るようになると水分不足にもなる。

さらには痔になってしまうことも…

 

そうなる前に!!!!!

 

恥ずかしがらずに産婦人科で相談してみよう。

持病があったりすると服用出来ないこともあるのでまずは医師に相談を…

 

妊娠中にも授乳中にも飲めるという

「酸化マグネシウム」

 

妊娠後期からひどい便秘に悩まされ、産婦人科の先生に相談したところ、これを処方された。

便を柔らかくしてくれる薬。

お腹の赤ちゃんにも、母乳にも影響がないということで、安心して服用出来る上、便が柔らかくなって排便がスムーズ。

念のため医師から許可を得て、OKだったので

産後最初の食事の後に服用しました。

入院中に処方してもらうことも可能でした。

おかげで便が硬くならずに済んだので、痔にもならず、排便時のキズの痛みは最小限にとどまった。

 

<上手な飲み方>

酸化マグネシウムの用量やタイミングは人によって、日によって、さらにはその日の体調によって変わるので調節が必要です。

飲み始めた頃、いまいち用量がわからず、まったく効かなかったり、逆に緩くなってしまうこともあり戸惑うこともありました。でも慣れてくるとコツが掴めるようになってきます。

薬剤師さんから教わった方法で自分なりにいろいろ試した結果…以下のように調節することでほどよい便通をキープすることが出来ます。よくわからないまま言われたままを服用していても効果はでません。自分のからだに合わせた調節が必要不可欠です。実践してみて下さい。

まずは処方された用量を服用してみる

服用の際は水を多めに飲むように。

コップ1杯だと、粉末が口の中に残ってしまうので筆者はコップ2杯の水を飲みます。

便が柔らかくなったら→→→同じ用量を続けて飲んでみる。

下痢になってしまったら→→→いったん服用をやめ、様子を見る。下痢が収まったら服用を少しずつ再開してみる。

硬いまま。または出る気配なし→→→効かないからといって服用の量を増やない。便を柔らかくする薬といっても、肛門にほど近い一度硬くなってしまった便は柔らかくなることはないので、自力で出せなければ浣腸を使うなどしなければならない。まずはそれを出し切ってから。様子をみる。お腹の中では薬が効いていることもあるので、硬い便を出した後に下痢にならないように薬の量を徐々に増やすなどして調節する。

 

すぐにはわかりません。少しずつ調節して自分にあった量とペースと掴むのです。

ちなみに私の場合、晩に1gの服用が調子良かったです。私が処方されたのは粉末でした。錠剤もあるようです。

便秘に悩まされた妊娠後期と、産後しばらくの間服用していました。

現在も授乳中ということもあり、時折便秘気味になるのでその際は服用しています。

この酸化マグネシウムという…もしもの時の頼みの綱があるだけで安心して生活を送れるようになりました

 

内科でも処方してもらえます!

あなたも素敵な快便ライフが送れますように…

酸化マグネシウムの服用にちょっと待った!?妊婦さん、ママさん焦らないでほしい。それは本当に危険なのか...
便秘薬として古くから広く使われている「酸化マグネシウム」
副作用によって1人死亡したとの報道が流れました。
(2015年10月21日水曜)

-妊娠・出産

Copyright© Bamy-ベイミー- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.